n55
2018年入社
広報部 部長 兼 メディアライツ部 兼 事業開発本部 事業開発部
3 3
事業会社の広報、PR会社などを経て海外留学。帰国後、2018年にPLMに入社。
パ・リーグ6球団でのイベントやメディア露出をはじめとする広報/プロモーション領域、およびインターネット配信権関連や人材事業などを担当している。特技はシン・ゴジラのセリフ暗唱。
  • 入社理由

    コンテンツを持つ会社でコミュニケーションの仕事がしたいと考えていた私にとって、「野球」というコンテンツを扱えるPLMは非常に魅力的に映りました。また現状維持をよしとせず、攻める・チャレンジをしていく文化であったこともあっていると感じ入社をしました。

  • 業務内容

  • 仕事のやりがい

    日本のスポーツ界で最も大きい市場規模を誇り、文化の一つでもあるプロ野球というコンテンツに自分次第で貢献できる可能性があることです。また自社と株主(パ・リーグ6球団)、そして業界全体(プロ野球、スポーツ)の発展を応援してくださる方が数千万人といるのは、野球/スポーツという業界ならではのことであり、これだけ多くの方に応援いただいているという点でも非常にやりがいを感じています。

  • 前職の経験で活きていること

    前職までのPRやイベント経験は今の業務にも活きていると思います。一方、野球の知識があまり豊富ではなかったため、その点は多少難しいこともありました。一般的な同年代女性より基本的知識はあると思いますが、それでも入社直後は名前と顔が一致する現役のパ・リーグ所属選手は1,2人というレベルであったためです。ただ、社内は圧倒的に野球に詳しい人が多いので、選手の細かい情報などは色んなメンバーに教えてもらい、助けてもらっています。(しかし、ファン以外の方の目線が理解できるというのは、時には強みになる時もあります、、!)

What is PLM?

Impossible is nothing.

WORK STYLE WORK STYLE

働く場所の割合
STYLE
働く場所を選ばない業務が多いため、その日のスケジュール次第で働く場所を決めています。
オフィスに出社するのは週1~2ほどで、それ以外は自宅orカフェで働くことが多いです。

ONE DAY SCHEDULE

  • msty01
    7:30 起床
    起きたらすぐにニュースとSNSのチェック。ベッドの中で寝ぼけながら、スマホで確認します。寝ている間にビックニュースが発表されている時は、その衝撃で目を覚まします。
  • msty02
    9:00 打ち合わせ・広報対応
    自宅でオンラインMTGやプレスリリースの配信対応、など(合間で洗濯機を回すこともあります、、!)
  • msty03
    12:00 移動・ランチ
    この日は秋刀魚!!(前日の夜にベットに入って、「明日のお昼は何を食べよう?」と考えながら寝るのが幸せの時間です)
  • msty04
    13:00 打ち合わせ
    コラボ先企業さんの元へ6球場でのイベントをどうしたらそれぞれのファンの方に喜んでいただけるのかを議論します。
  • msty05
    14:00 カフェ作業
    各エリアで、自分なりに仕事がしやすいお気に入りのカフェを見つけています。
  • msty06
    16:30 メディアさんへ
    オンラインでのMTGと対面でのMTGは半々くらいになってきました。(2021.12月時点)
  • msty07
    18:00 買い物・帰宅
    帰りがけにスーパーによりつつ帰宅、すぐに夕飯。
  • msty08
    19:30 事務作業〜終業
    お風呂のお湯を張っている間に、事務作業などを。フレックス制であるので、自分なりの時間の使い方ができるのはありがたいです。

TEAMMATE COMMENT

いつも元気で性格が明るく職場の雰囲気を変えてくれる彼女は会社のムードメーカー的な存在です。また、仕事に対する責任感がとても強く自分に与えられた仕事を処理するだけではなく、周りの人間をグイグイ引っ張ってくれるタイプなのでとても頼もしいと思っています。

佐藤 直記

Naoki Sato

FOR FUTURE TEAMMATE FOR FUTURE TEAMMATE

スポーツというと一見華やかな業界に見えるかもしれませんが、その裏側は一つ一つ地道に仕事をしている多くの人で支えられている世界だということを、私も身をもって感じています。
PLMは小さい組織であり、一人一人がカバーする範囲も広いため、どんなことでもポジティブに取り組める方がマッチすると思います。PLM行動指針の最後に「人生を楽しんでいますか?」という項目がありますが、私は働く環境ももちろん含め自信を持って「楽しい!」と言える、そんな会社です。