works

Athlete Management

アスリートマネジメント

長谷川 滋利

長谷川 滋利

Shigetoshi Hasegawa
  • Facebook

1968年、兵庫県生まれ。東洋大姫路高校時代は甲子園に三度、出場した。立命館大学に入学し、投手として、関西学生野球では四年で40勝。ドラフト一位でオリックス・ブルーウェーブに入団し、一年目の1991年に12勝9敗1セーブで新人王に。1996年まで日本で57勝をマーク。1997年1月にアナハイム・エンジェルスと契約。同年4月、村上雅則、野茂英雄に続き日本人投手三人目となるメジャー勝利を挙げる。2002年にシアトル・マリナーズに移籍。2003年、オールスター・ゲームにも出場し、同年夏には連続29イニングを無失点に抑えて球団記録を更新。メジャーリーグ通算517試合登板は日本人歴代一位。2006年1月、現役引退を表明。同年8月、野球選手生活を総括する自叙伝『超一流じゃなくても「成功」できる』(新潮社)を上梓した。

書籍『一球の心理学-勝敗をわける分ける微妙なアヤを読み解く』(2008年5月:ダイヤモンド社)『メジャーリーグここだけの話』(2010年8月:講談社)『メジャーで勝つ-日本人ピッチャーの心技体』(2011年9月:ベースボールマガジン社)『私が見た-大谷翔平とメジャー新時代 』(2019年9月:祥伝社新書)他多数。

What To DO

各種講演
テーマ例:ゴール設定&自己啓発、リーダーシップ、野球、語学(英語)、子供教育など
メディアインタビュー
MLB、NPB、ゴルフ、ビジネス、投資、心理学、語学習得(英語)など
ビジネスアドバイス・コンサルティング
経営者へのコンサルティング、マーケティングのコンサルティング、野球あるいはスポーツビジネスのコンサルティング
長谷川 滋利選手のページへ
noimage

矢野 良子

Ryoko Yano
  • Twitter
  • Instagram

プロバスケットボール選手。徳島県生まれ。城北高校卒業後、1997年にジャパンエナジーへ入社。無名の高校出身ながらチームのエースとして、Wリーグ優勝4回、皇后杯優勝6回に貢献。2005年に富士通へ移籍後、チーム初のリーグ優勝と皇后杯優勝に貢献。その後、2009年にトヨタ自動車へ移籍し、リーグ1位やここでもチーム初の皇后杯優勝に貢献。日本女子バスケ界の優勝請負人として知られている。個人では、WJBLリーグ戦MVP2回・プレイオフMVP2回・ベストファイブ7回、皇后杯ベストファイブ5回、年間ベストファイブ7回受賞。WJBLでは20シーズンプレー。日本代表歴は、2001年初選出、2002世界選手権、2004年アテネ五輪へ出場。特にアテネ五輪アジア予選準決勝韓国戦では歴史に名を残す大活躍(34得点)をする。その後、2005年アジア大会、2008年北京五輪最終予選、2012年ロンドン五輪最終予選に出場。現在は、3x3(3人制バスケットボール)へ転向し、自ら3W(トリプルダブル:3x3大会)を立ち上げ、2020東京五輪を目指している。合わせて、アスリートのセカンドキャリア支援の組織団体を立ち上げ準備中。
3x3チーム所属:REXAKT

What To DO

各種講演
テーマ例:(老若男女問わず)ゴール設定&自己啓発、アスリートとしての経験、結果を残す方法など
バスケットボール試合解説、メディアインタビュー
WJBL、Bリーグ、高校バスケット他各種男女問わずバスケットボールに関連すること
バスケットボール教室・クリニック
小中高校生向けバスケットボールのコーチング
矢野 良子選手のページへ

Contact Us

メディア出演や講演依頼

下記の項目全てをご入力頂き、「確認する」ボタンをクリックしてください。
〈お預かりする個人情報の取り扱いについて〉ご入力いただきました個人情報につきましては、お客様への回答、 およびお問い合わせ内容の確認以外には利用いたしません。 詳細は個人情報保護方針をご覧ください。ご回答は、調査を要することもありますので数日間お待ち頂く場合もございます。また内容によりましてはご回答やご返事をお約束できないこともございますので、予めご了承ください。

お問い合わせ項目(必須)

お問い合わせ項目を選択してください

お問い合わせ内容(必須)

お問い合わせ内容を入力してください

お名前(必須)

お名前を入力してください

企業・団体名

お名前を入力してください

メールアドレス(必須)

メールアドレスを入力してください